スポンサーリンク
   

インコのエサは様々な種類があります。エサ選びはインコの健康と成長にとってとても重要ですが、各メーカーから発売されているものは、かなり多種多様です。実のところ、すべてを試すのは到底無理でしょう。

ポイントを押さえて、地道にインコちゃんに合うものを探していきましょう。

主食

主食は主に2種類あります。

ペレット

ペレットは犬で言うドッグフード、インコに必要な栄養分のバランスを最適に整えた総合栄養食です。穀物種子ではタンパク質を摂取しずらかったり、どんなに種類を混ぜてもインコが選んで好きなものしか食べなかったりするという難点がありますが、ペレットは食べてくれるようになりさえすればそういった弊害を避けることが出来ます。ただし、インコにとっては穀物種子より美味しくないと言われており、穀物種子で育った成鳥では切り替えが難しいと言われています。

IMG_0709

穀物種子(ミックスシード)

穀物種子は昔からインコのエサとして一般的に販売されてきました。しかし近年では、栄養面からペレットを勧める飼育書や獣医師が増えています。

また穀物種子には殻つきと剥きエサがありますが、剥きエサはさらに栄養価が低いとされています。

IMG_0712

 

おやつ

粟の穂

インコのおやつとしてメジャーで、いろいろなインコが大好きです。ただカロリーが高いため食べ過ぎると肥満に繋がりますので、常にケージに入れておくのではなくおやつとして上げた方がいいでしょう。

IMG_0704

 

野菜

生の野菜をおやつとして与えましょう。しかしホウレン草がインコにとって毒性があるなど、意外にもインコが食べるとよくない野菜も沢山ありますので調べてからあげましょう。

たまねぎは犬猫など他の動物でも命の危険に繋がるといわれていますので、絶対に与えないようにしましょう。

あげて良い野菜、ダメな野菜は色々な意見があり、迷うところです。なんでもあげすぎず、色々な種類を少しずつ与えましょう。

補助食品

カトルボーン(イカの骨)はカルシウムとミネラルが摂取できます。たまにインコに齧らせましょう。

塩土は塩分とミネラルの補給になります。塩分を過剰に摂取しないように、たまに齧らせましょう。また、土を固めるための化学材料が含まれていますので、食べ過ぎるとおなかに詰まってしまったり、下痢をしたりします。与えすぎに注意しましょう。

粉状のサプリメントを餌に振りかけて栄養素として与えるのも良いとされています。ただ、販売されているものの中では、あまり意味がないとされるものもありますので獣医師と相談しましょう。

 

 

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket