スポンサーリンク
   

インコ飼育のための必需品としてケージはとても大切です。

インコのケージと一口に言っても、意外にも色々な種類や大きさがあり、インコちゃんの種類によって適切なもの選んであげなければなりません。

ヒナのうちは小さなプラケースで対応できますが、ヒナの時間はあっという間なので、すぐケージが必要になるでしょう。

ケージの大きさ

インコの種類によってケージの大きさを選びましょう。インコが両羽を広げてもケージの壁に当たらない広さにしましょう。中型のオカメインコや、尾羽の長いセキセイ・アキクサインコは、止まり木にとまった時に尾羽が床に着かない高さが必要です。

一日の放鳥出来る時間の長さによっても、大きさは考慮すべきです。放鳥が短いライフスタイルなのであれば、インコはそのケージの中で運動までしなければなりません。放鳥時間が長いのであれば、そこまで広い必要はなく、ねぐらとして使えるんであれば十分かもしれません。

それにしても、ケージの広さは出来る限り広い方が良いでしょう。狭い部屋に閉じ込められることは、それだけで大きなストレスです。

ケージの形

ケージの形は様々な凝ったデザインのものもありますが、シンプルな角型を選びましょう。

ケージの天井部分の形状が丸形やアーチ型だと、ケージ内の空間は外から見ているより狭いのです。角型はスペースに無駄がなく、ケージ内を有効に使えます。

どうしてもおしゃれなデザインのケージにしたいのであれば、最低限の大きさよりももっと大きいものを選びましょう。

ケージの扉の形

ケージの扉も大きさや、どの様に開くかに違いがあります。

手乗りで飼う場合、ケージの入り口に飼い主が手を入れたりすることがあるので、入り口が大きいものが良いでしょう。入り口が小さいとインコを手に載せて出し入れするときに、身体が入口に引っかかってしまうことがあります。

販売されているケージは意外にも扉が小さいものが多いので、注意して選びましょう。放鳥をしないのであれば、脱走を予防する意味で、扉は小さくても良いでしょう。

ケージの材質

ケージは金属製のものが一般的です。塗装がしてあるものもありますが、インコがかじってしまったりして剥げた塗装を飲み込んでしまうと有害です。塗装されていないものを選びましょう。また、金属部分に足やくちばしがひっかかるような箇所がないか、よく確認しましょう。

最近ではインコを飼うのに特化したプラスチック製のケージも販売されています。

正面がプラスチックなので、中のインコが観察しやすく、トレーの掃除もしやすいので人気があります。

付属品など

大概のケージにはエサ入れや止まり木が付属しています。しかし、それらが必ずしもインコちゃんに合っているとは限りませんので、場合によっては取り外してより良いものに交換しましょう

 

プラスチック製のケージはこちら

 

 

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket