スポンサーリンク
   

インコは体調不良を隠す動物ですが、糞の状態までは隠すことが出来ません。

糞をよく観察することで、インコの健康状態をある程度把握するために、日ごろからチェックしておきましょう。

オカメインコやコザクラインコなど、インコにはたくさんの種類があります。そして糞の特徴も種によって違っています。

また、いつも食べているエサの種類によっても糞の形状は変化します。まず、自分のインコの糞が健康なときにはどういった特徴を持っているのかをよく観察し、それと比較することで判断してください。

インターネット上では糞の色形で様々な病気の可能性を指摘する情報がありますが、その子のいつもの健康な糞との比較をすることが大事です。

 

 

一般的なインコの糞

インコは哺乳類と違い、排せつ物は一か所からまとめて排出されます。絵の具状の硬さの糞は細長いものが丸まった状態です。コンマ状と言われることがあります。丸まったフンに白く付着しているのが尿です。更にその周囲に水があり、そちらももう一種類の尿とされます。

色は茶色、黒、深緑などで、インコの主食にしているものによって異なります。

また、糞は毎回毎回同じ形状ではなく、時折尿だけがでたりすることもありますし、逆に水分が少ない回もあります。そういった糞が日に何度もする排せつの中で数回は見られます。

 

糞のチェックポイント

糞から体調不良がわかる場合があります。日頃から掃除の時などに良く糞を観察しておきましょう。

 

水分の量:インコは時に尿だけ出すこともありますが、その前と比べてずっと尿が多い事が続くようなら多尿かもしれません。

多尿である、という事は水を多く飲み過ぎている可能性があり、そのう炎など、のどが渇く病気が起きている可能性もあります。

ペレットを主食にしている場合、水を多く飲む場合もあるそうです。塩土の齧り過ぎも水を多く飲むとのこと。塩分の取り過ぎはのども乾きそうですし、うなづけます。

糞の硬さ:通常は細長いものが丸まった糞の部分の形が、細長い形を保っていない場合、下痢の可能性があります。多尿で水に溶けている感じであれば問題ありませんが、そうでない場合は注意が必要です。また、食べたエサが消化されずに出てきてしまった場合も要注意です。

糞の色:糞の色が食事などを変えたわけでもなく、急に変わってしまった場合も注意が必要です。黒過ぎたり、血が混じっていたりしないかよく観察しましょう。

 

 

インコは意外にも日々いろいろな糞をしますので、多少の変化であれば問題ありませんが、普段と違う、異常な糞が続くことがあれば、見た目が健康でもなにかの病気かもしれません。念のためかかりつけの病院に連れていきましょう。

病院に連れていく時の注意点

糞の異常を発見し病院に連れていく場合は、出来る事なら糞を採取して持っていってください。

インコは体調不良が重篤化するスピードが、他の動物に比べてとても早いので、病気かも!?と思ったらすぐに病院に連れていく事が大事です。

 

インコの糞を観察すれば、インコの健康状態がわかります。もし糞に異常が見つかった場合は、見た目にも変化があるかもしれません。いつもより食欲がなかったり、止まり木で動かなかったり…糞と同様に平常時との変化に気づくことが重要ですね。

 

インコの病院の選び方と連れて行くときの注意点

アキクサインコぴこの糞「ぴこふんコレクション」

 

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket