スポンサーリンク
   

犬や猫もそうですが、動物は自分の体毛や手足を舐めてお手入れをします。これをグルーミングと呼び、病気の予防、身体のお掃除や機能維持などの目的があります。

羽はケラチンで出来ていて、人間の髪の毛と同様に生きた細胞ではありません。なので、日々お手入れをしないとバサバサになり劣化していってしまいます。インコにとっての羽づくろいは、人間のシャンプーと似ているかもしれませんね。

では、羽づくろいの効果について、もっと詳しく見ていきましょう。

羽の掃除

羽をくちばしでこすることで汚れを落とし、羽を清潔に保つことが出来ます。

汚れたまま放っておいたら、羽が汚くなって劣化が早まってしまうかも知れません。

羽に油分を塗って防水加工

インコは羽づくろいで、羽の付け根にある脂線から分泌される油分を、くちばしを使ってまんべんなく羽に行き渡らせます。この油分が防水加工となり、汚れから羽を守るのと同時に、雨の日でも飛ぶことが出来るようになります。

水浴びをさせるとわかりますが、インコの羽ってよく水をはじきますよね。これがインコにとってはとても大事なんです。

なので、暖かいお湯での水浴びはやめましょう。羽の油分を必要以上に落としてしまいます。

羽を細菌から守る

羽に行き渡らせる油分には、羽の防水だけではなく抗菌効果もあると言われています。

羽づくろいで羽を細菌から守ることで、病気を予防しつつも、羽の品質を保持しているようです。

羽を寄生虫から守る

インコは羽づくろいで寄生虫、ノミやダニをこそげ取って取り除いていると言われています。

家で飼っているインコであれば、危険性は少ないかもしれませんが、これも大事な毛づくろいの役割です。

 

 

尾羽をくちばしでひとつひとつハミハミしたり、羽を大きく伸ばしてその下にある羽毛をついばんだり、インコの羽づくろいは見ているだけで可愛いものです。

そんな羽づくろいも、とても重要な意味があるのですね。

 

脂線から程よく油分を出すためにも、粟の穂やヒマワリの種などの高脂質のエサを与えましょう。

とは言え高脂質のエサは食べ過ぎたら太ってしまいますし、脂肪肝症候群になってしまう恐れもあります。

高脂質のエサと共に野菜やペレットなども食べさせて、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

 

アキクサインコぴこの羽づくろいの様子はこちら→インコ飼育の大変なところ-うんちとフケが出まくる-

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket