スポンサーリンク
   

長くてきれいなインコの尾羽。短くてかわいい尾羽。その尾羽にスッと横線が入っている場合があります。

この線はストレスラインと呼ばれていて、インコがストレスを感じていたり、栄養が偏っていると羽根の形成不全が起きて現われると言われています。

何気なく見ているとわかりにくいこともありますが、尾羽を下から光に透かしてチェックしてみると紙の透かしのようにストレスラインが入っていることがあります。

ストレスラインの原因を理解し、インコの健康管理に役立てましょう。

ストレスラインの原因と対策

バランスの良い栄養

羽根の発育期に栄養バランスの偏った食事ばかりだった場合、尾羽にストレスラインが出る事があります。特にタンパク質が不足している場合が多いようです。

ミックスシードが主食だとインコが選り好みして栄養が偏りがちとされています。ペレットを中心としていろんな食べ物を食べさせてあげましょう。

ペレット、ミックスシード、栄養補助食品、野菜など、ひとつの種類に偏らずに食べさせてあげれば、自然とバランスの良い食事になると思います。

また必要であればサプリメントも活用しましょう。

インコの食事についてはこちら→インコのエサとおやつについて

ストレス

ストレスを感じると、その影響で尾羽にストレスラインが入る場合があります。

例えば引っ越しをしたり、ケージを変えたりと言った環境の変化や、放鳥時間が短い、大きな音がするなど、様々なストレス要因が考えられます。一緒に飼育している鳥から仲間外れにされる、なんて原因もあります。

群れで生活するインコはとても寂しがり屋です。飼育当初はよく遊んであげたのに、その頻度や時間が少なくなっていったりすると、とても大きなストレスを感じてしまいます。そういった場合は飼い主が遊んであげれば、一番よいストレス解消になるでしょう。

もちろんストレスを感じるポイントはインコそれぞれ異なります。荒鳥であれば人が寄ってくること自体がストレスでしょうし、じっくりとインコちゃんのストレスを見極め、ひとつずつ取り除いてあげましょう。

肝臓が弱っている

肝臓が弱っていることもストレスラインの原因になります。

肥満体であったりすると肝機能が低下するので、もし太ってきたら適正体重を目指してエサを減らしたり、運動を増やしましょう。

何らかの感染症

感染症が原因でストレスラインが発生することがあります。

サーコウイルスの感染によって発症するPBFDがそれに当たります。

 

 

病気を隠すインコにとって、ストレスラインは体調を管理する上で大切なチェックポイントです。

ストレスラインの主要な原因は紹介しましたが、その原因が肝臓や感染症なら素人ではなかなか判断が難しいです。

栄養不足やストレスなどの原因を改善してもストレスラインの発生が続く場合は、一度病院の診察を受けてみるのが良いかもしれません。

ストレスラインは、それが出たからと言ってすぐに死んでしまうようなものではありませんが、その原因によっては重篤な病気の場合もあります。よく観察して健康の一つの目安にしましょう。

ストレスラインが出てしまっている場合は、まずは栄養を整え、出来るだけストレスを取り除き、次の換羽期に生えてくる羽がきれいなものになる様に、健康なインコを目指しましょう!!

 

ストレスライン

ぴこの尾羽のストレスライン。

ストレスライン2

光にかざすとラインが入っているのがよくわかります。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket