スポンサーリンク
   

インコは鳥です。空を飛ぶ生き物であり、その身体は空を飛ぶための形や性質を持っています。

例えば骨密度が低くなっていることや、食べたものをすぐに排せつすることも、身体を軽くしてすぐに飛び立てるようにするためです。

飼育されているインコたちは、あくまでも飼育されている身。外に飛び立ってしまえば、その命は危険にさらされてしまいます。そのため、出来るだけ逃げ出さないようにしなければいけません。ですから、数十年前のインコの飼育の中では羽を切ることは当たり前でした。昭和の時代の家は大きな窓や縁側があったり、ご近所付き合いが現代よりも密で、突然誰かがドアを開けたりすることも多かったでしょう。そんな環境でインコが放鳥中であったりすれば、逃げ出してしまう事もあったかもしれません。また、その時代はどうしてもペットに対しての価値観も現代とは違ったものであったはずですし、羽根切りは必要な部分が大きかったと思われます。しかし現代は良くも悪くも核家族化が進み、放鳥中に突然ご近所さんにドアを開けられることも少ないですし、住宅事情も変わってきています。必ずしも羽を切る必要はなくなってきていると思われます。

現在では専門家をはじめ、鳥を飼う多くの方が、「羽根を切ることに反対」の考え方です。

羽根切りのデメリット

羽根の切り方も、ほとんど飛べなくする方法や、少し滞空していられる切り方など様々ありますが、飛べなくするという事は鳥の回避行動も制限してしまう事になります。上から物が落ちて来た時、すぐに飛び立って逃げることが出来ません。一定の高さ以上から落ちた時に身体を打ち付けて、捻挫や骨折をしてしまう危険性があるでしょう。運動不足になりストレスが溜まってしまうかもしれません。羽根切りをされたショックで落ち込んでしまう子もいるそうです。

また、羽根切りは定期的にしなければ切った部分も伸びてきてしまいますし、ちゃんと調整をしたつもりでも、思ったより飛んでしまい結局逃げてしまう場合もあります。これでは、逃げないために羽根切りをしたのに、意味がないでしょう。

それに単純に、羽根を切るのが飼い主だと、インコに嫌われてしまうかもしれません。

これらの事を考えると、小型のインコではほとんどの場合、羽根切りは不要でしょう。

羽根切りのメリット

インコを飼っている方の多くは、鳥の羽根を切るなんて腕をもがれたようなものだと、羽根切りに反対しています。しかし大型のインコや暴れてしまって逆に怪我や事故につながるような場合は、羽根切りが必要なこともあるでしょう。

あなたが大きな縁側付きの家に住んでいてインコが逃げ出してしまいそうなら、それもまた羽根切りが必要かもしれません。

家具にぶつかる、窓に突っ込む、鍋に飛び込む、換気扇に飛び込む、ほかの部屋に飛んでいき隙間から外に飛び出すなどなど、飛べるからこその危険も沢山あります。

また、インコが骨折をしていて、じっとしているべき時も羽根切りは有効かもしれません。そういった場合は、獣医さんに相談し羽根切りを行ってもらいましょう。

ネットや本でも切り方は書かれていますが、素人判断で羽根切りをするのは絶対に止めましょう。最低でも数回は専門家の方に習うべきです。

 

 

 

鳥は飛ぶ生き物です。せっかくインコを飼ったのです。飛ぶ姿を見ることは、他の生き物の飼育では味わえない、まさに醍醐味です。

羽根切りは必要最小限に留め、元気いっぱい飛び回る姿をいつまでも楽しめるとよいですね。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket