スポンサーリンク
   

はつじょう

 

インコは基本的に寒い冬に発情しません。ですが、ぴこに発情のポーズが多くなってきました。

なぜ、冬にぴこが発情しているかといえば、それは環境が良すぎるから。

 

一日中あったかいケージ。

栄養豊富な餌。

こういった環境のため、ぴこの発情が活発化しているようです。

このまま発情が続くと、卵を産んじゃうかもしれません。インコはオスがいなくても卵を産んでしまう場合があるみたい。

卵を産むと、体力が低下してしまうし、卵が詰まってしまったら命の危機すらあります。

というわけで、これ以上発情しないように対策をたてました。

 

①早めに寝かせる。

日光に当たっている時間が長かったり、夜遅くまで明るい環境だと、発情を誘発します。

いつもよりも早くケージに戻し、部屋を暗くするようにしました。

②暖房を止める

ぴこのケージは電球タイプのヒーターと、パネルタイプのヒーターを使っています。その中で、電球タイプのヒーターの使用を止めました。

室温は25~30度くらいだったのですが、パネルヒーターだけだと20~25度くらいになります。

③餌をペレット中心にする

栄養豊富なミックスシードを食べ放題状態で与えていましたが、量を少なくして、かわりにペレットを与えるようにしました。

ペレットはあんまり好きじゃないようですが、それでも食べてます(^-^;

④発情ポーズを止めさせる

発情のポーズをしたら、フッと強めに息を吹きかけたりして、止めさせるようにしました。

 

これらの対策のおかげか、最近はめっきり発情ポーズが減りました。

生まれてから初めての冬なので過保護にしすぎたかな…。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket