スポンサーリンク
   

何か小動物を飼いたいな

そういえばインコだったら、おしゃべりするし楽しいかな?

どうせ飼うならピンクのインコなんていないかなー??

 

インコは飼育経験がなかったのですが、なんだか飼いやすそうという、殆どただの思いつきで飼うことを決めました。

インコというと、セキセイインコかオカメインコか?種類も幾つかありますが…

画像を検索して見つけたのはアキクサインコと言うピンクの綺麗なインコちゃん。一目惚れとはまさにこの事。

飼う種類は一瞬で決まりました。こんなにイメージ通りの可愛い小鳥がいるでしょうか!是非このアキクサインコを飼おう、でもちょっと珍しい種類みたいだし売っているところはあるのかな…と、またまたスマホでささっと検索するとわずか数件目でとっても近所のペットショップに入荷したと言うページが!

思いつきで検索してみた理想のインコちゃんがこんなに近くにいるなんて、なんだか運命の様な気がしてしまいお迎えの日までドキドキが止まらないまま過ごしました。

 

 

ところで、ペットショップで動物を購入するにあたり気をつけるべき定番の注意点をご存知でしょうか?

せっかく飼うのであればお迎えしたペットは健康で長生きして欲しいもの。

買ってきてすぐに死んでしまったりしてはとても悲しいですよね。

 

一般的には体に汚れがない事、

通常健康な個体であれば毛繕い、羽繕いをし、体を清潔に保ちます。具合が悪いと身繕いに手がまわらず、毛並みが整っていなかったり、汚物が付いていたりします。

こちらに興味を示し、近寄ってくる事、

具合が悪いと警戒心も強くなり、また、あまり臆病な性格だといろんなことに怯えて過ごす事になるためストレス過多になってしまい、それが結果的に病気の一因になってしまう事があります。

などが挙げられます。

こちらの記事も見てみてね!(ペットショップでのインコの選び方!

 

インコは初心者ですが、動物が好きで、リスなどの小動物の飼育経験があった私は、購入しようと思ったアキクサインコを見て、心配になりました。

怖がってプラケースの奥でうずくまり、体もお世辞にも綺麗とは言えません。お腹を下しているのでしょうか、お尻には少し汚物がついています。

ペットショップの飼育環境が悪い訳ではありません。お店にはもう一羽アキクサインコがいて、元気そうに興味深々でこちらを見ています。しかしその子はすでに売約済み。

売約済みじゃなければあなたを連れて帰ったのに!こんなに可愛いんじゃすぐに売り切れちゃうのも仕方ないね!
私の視線にキラキラの瞳で応える元気なアキクサインコちゃんの入ったプラケースのひとつ下にいる弱々しい子を連れて帰るべきか、やっぱり悩んでしまいました。

 

しばらく悩んでいると、店員さんがやってきて、臆病にうずくまるアキクサインコちゃんを取り出して、手に乗せてくれました。
小鳥を初めて乗せた手はあっという間に汗まみれ。そんな私の手の上でくしゃくしゃよたよた、この子はまだヒナなんですって!
ふにゃふにゃと柔らかく動いているヒナちゃん。なんてあったかいんだろう。一生懸命生きているんだろうか。
愛おしくてたまらなくなりました。

もしかしたら弱い子なのかも知れません。それなら私がお世話をして、ちゃんと大人にしてあげれば良いのです。
守ってあげればいいのです!
きっと大丈夫。大事に大事に育ててあげよう。もう一羽が売り切れなのは、この子が私の子だから。きっと運命なのでしょう。この子を連れて帰るという運命なのでしょう。
手の上の一生懸命な命に、心配なんて一瞬ですっ飛んで、連れ帰る決意を固めたのでした。
直後、汗をかき過ぎた手で体が冷えてはいけないと店員さんに取り上げられ…

そしてか弱いアキクサインコのヒナちゃんは、ぴこになりました。

 

ひなぴこ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket