スポンサーリンク
   

アキクサインコのぴこは、基本的に我が家のリビングで放鳥しています。目が届かない場所での放鳥は、怪我の危険があるので、放鳥の時は絶対に傍にいてやることにしています。

ですが飼い主も生き物、トイレに行ったり、洗面所に行ったり、キッチンに行ったりと、時には短時間リビングを離れることも。

ぴこは家族がその場に居なくなると、すぐに「ピピッ!」と呼び鳴きをします。ぴこは基本的にリビングの外には出ようとはしません。きっと未知の世界が怖いのかもしれません。

呼び鳴きがいつまでも続くと、こっちも急がなきゃって思っちゃいます。

「わかったわかった」

と、急いで用事を済ませ、リビングに戻ると、ぴこはサッと肩に乗ってきます。

 

そんなぴこが、最近その活動範囲を広げようとしているようなのです。

ピピッと鳴いて呼んでいるだけならよかったのですが、いつからかリビング以外の場所に探しに来るようになってしまいました。放鳥しているときに、私が洗面所で手を洗っていたりすると、飛んできて肩にとまるのです。

そして次第に洗面所ばかりか、キッチンまで覗きに来るように。台所で洗い物をしていると、様子を見に来たり、肩にとまったりしてきます。キッチンは料理で火を使うところでもあり、出来れば近づいて欲しくありません。包丁や箸など、先端の尖ったものがある場合もあるので怪我の元です。もちろん、放鳥時に火を使うような料理は極力避けていますが。

私がいて追いかけてくるならまだ良いのですが、たま~に洗面所やキッチンにひとりで飛んで行って、とまるところがないのでアタフタする、という行動をしたりします。

不慣れな場所だと、隙間に落ちて怪我したりするかもしれません。開きっぱなしの洗濯機に落ちたり、キッチンの換気扇に飛び込んだり…想像すると怖い!家中の怪我の原因になるようなものを排除しなければなりません。

 

今のところ、玄関やトイレには近づくようなことはありません。でもいつか、平気で家の中をどこでも飛び回るようになったら…?

いろんな所に糞をするだろうし、部屋の外に飛んで行ってしまうリスクも高まります。もちろん、怪我する危険性のアップするでしょう。

 

じわりじわりとその行動範囲を広げていくぴこ。なんとかその行動範囲の拡大を阻止して、静かにリビングに居て欲しいと願うばかりですが、どうも難しそうです(^-^;

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket