スポンサーリンク
   

先日、ぴこの爪を自分で切りました。

tume2

ぴこはよく走り回るので、爪が伸びすぎていると足に悪いと思います。でも、自分でインコの爪を切るってなかなか難しいですし、切りすぎたらどうしようって怖くもあります。

前まではぴこをお迎えしたショップの店員さんに切ってもらっていました。

その店員さん曰く、「インコの爪を自分で切ると嫌われてしまうので、誰かに切ってもらったほうがいいよ」とのことでした。一度嫌われると、なかなか懐いてくれないらしいです。

ぴこに嫌われるのが怖くて、何度かショップで切ってもらっていましたが、遠いしわざわざ行くのも面倒なので自分でチャレンジしようと思ったわけです。しかもショップで切ってもらう場合は、爪切り自体は無料なんですが、何か1品購入しなければならないんですよね…。

 

tume

爪が伸びすぎて立っていても指が曲がってます。

 

 

ぴこの爪を切る道具は、自分たちが使っている爪切りをそのまま使っています。

 

まずはガッチリと保定して身動きをとれなくします。

最初のころは保定を嫌がっていたぴこですが、ことあるごとに保定しまくっていたら随分なれました。

 

ほてい

イヤァッ!!

 

保定で体を固定して、指を使って足も動かないようにします。首を挟んでいる人差し指と中指に少しだけ力を入れて、ガッチリと固定するとおとなしくなります。

とはいえ爪を切ろうとすると、足をバタバタさせて抵抗しますが「これもぴこのため」と心を鬼にします!

そして爪の先をちょっとだけ、爪切りで切るのです。

 

 

ほんと~にちょっとだけ。

 

切った爪はゴマよりも小さいくらいです。

切りすぎると血が出てしまいます。万が一血が出てしまったらワセリンを塗ってあげると、すぐに血は止まります。

(「線香で焼く」なんて止血法があるみたいですが、恐ろしくてできません・・・)

 

すっごい嫌がりますが、爪切りが終わったらすぐに「ごめんね~」とミックスシードを与え、ご機嫌を伺います。

すると、けっこうすぐに肩に乗ってきてくれます。どうやら、嫌われてるわけじゃないようですね。

 

自然の中の鳥は木の枝に止まることで自然と爪が削れていくらしいのですが、ペットのインコは定期的に爪を切る必要があるみたいです。

病院やペットショップでやってくれますが、自分で爪を切ってあげることもできます。

自分でやる場合は、深爪だけは気を付けましょう!!

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket