スポンサーリンク
   

インコをわが家に迎え入れたら、必ず一度は健康診断のために病院に連れていきましょう。

ペットショップでたくさんの鳥たちと一緒にいた場合は病気をもらっている場合があります。

また、一度健康診断に連れていけば、そのインコの健康状態が把握でるだけでなく、かかりつけとなる病院のチェックもできます。

良い医師であれば、丁寧に飼育のアドバイスをしてくれるでしょう。

信頼できる動物病院の選び方

動物病院と一口に言っても、たくさんの種類があって、得意な動物も医師によって違います。

まず第一に鳥類を診察できるかチェックします。

動物病院は犬猫専門でやっている場合が多いので、自分の家の近くで鳥類を診られる病院があるかどうかを調べてピックアップしましょう。

鳥を看られるといっても、簡易的な診察しかできない動物病院もあります。出来る事なら鳥類専門の病院がいいですね。

鳥専門の病院でないなら、そのう検査が出来るか?糞検査は出来るか?などを直接電話で問い合わせるのも良いと思います。出来ないのならば他の病院をあたりましょう。

また、移動時間はなるべく短い方がインコにかかるストレスが少なくて済むので、出来るだけ近くの病院を選びましょう。

 

インコを初めて病院に連れていく場合は、病院の雰囲気や医師の対応をチェックします。

大切な家族であるインコを任せられるかどうか?目を光らせましょう。

質問に対する答え方やインコへの接し方をよく観察すれば、その病院が信頼に値するのかわかると思います。

不安に思っている事や疑問に思っていることを質問してみて、丁寧に受け答えしてくれるような先生を見つけましょう。

人間を診察する医者と一緒ですね。

 

インコは弱い所を見せると外敵に襲われてしまうため、体調不良を隠す動物です。目に見える形で体調不良の症状が現れた場合は、相当に悪化している可能性があります。早急に病院に連れて行ってあげましょう。

もしすぐに病院に連れていかなければならない時に、病院探しから始めていたら間に合いません。もしもの時の為にも、かかりつけの病院を決めておくことは大切です。そしてそのためにも、最初に健康診断に連れていくことは重要です。

病院への連れて行き方

移動の際にインコを入れておくケージは、移動手段にもよりますが、温度管理のしやすいプラケースがオススメです。もし寒い真冬に連れていかなければならない場合は、プラケースの側面に貼り付けるタイプのホッカイロを付けてあげると良いでしょう。カイロは一酸化炭素中毒を引き起こす恐れがあるので、必ずケースの外側に貼り付けましょう。

移動の際はケージになるべく振動が伝わらないように気を付けましょう。

 

 

 

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket