スポンサーリンク
   

インコにはたくさんの種類があります。

種類によって、様々な特徴があり、性格の傾向にも違いがあります。それぞれどの様な違いがあるのでしょうか。

 

セキセイインコ

平均体長:19~23cm

平均体重:35~50g

ポピュラーカラー:水色や黄色

最もポピュラーなインコ。オスはよくしゃべることで有名。インコの代名詞ともいえる種。

性格は穏やかで、人懐っこい。メスはおしゃべりが苦手なこともあるようです。

ピョンピョンと飛び跳ねるような歩き方で、モノからモノへ飛び移るように移動します。

コザクラインコ

平均体長:16~17cm

平均体重:50g

ポピュラーカラー:緑色

縄張り意識が強く、やんちゃで気性が荒い性格です。おもちゃを壊して遊びます。。

ラブバードと呼ばれ、ひとり(一匹)決めたパートナーと生涯を共にし、またそのパートナー以外を邪険にしてしまう。家族が多い家で飼うと、誰か一人にしか慣れない可能性があります。

一途なコザクラインコは、複数飼いをしてその中のインコをパートナーとした場合、他のインコはもちろん飼い主の事も邪険に扱う場合があります。

オカメインコ

平均体長:32cm

平均体重:90g

ポピュラーカラー:黄色、灰色

集団生活が得意で性格はおとなしく、同じケージで複数飼うことが出来ます。

性格はとても臆病。違う種類の鳥と雑居すると、いじめられてしまう場合もあります。

頭の大きな冠が特徴。インコという名前だけれど、実はオウムの仲間。

臆病な性格なので、ゲージの中でなにかにビックリして、急にパニックを起こし身体を打ち付けてしまう場合があります(オカメパニック)

おしゃべりよりも口笛を覚えるのが得意とされています。

ボタンインコ

平均体長:14~15cm

平均体重:45g

ポピュラーカラー:青色、緑色

コザクラインコと同様のラブバードで、性格も似ています。ただ、コザクラインコよりは少し臆病で神経質。その分愛情は深いと言われています。

人の声を真似するのは苦手で、鳴き声は大きく甲高いです。

アキクサインコ

平均体長:19cm

平均体重:40~50g

ポピュラーカラー:ピンク色

インコの中でも美しいピンク色の羽をもつ珍しい種類。長い尾羽が特徴。

鳴き声も静かで比較的おとなしい性格とされています。

おもちゃをかじって遊ぶことはあるものの、壊してしまうほどの力はありません。

またピョンピョンと飛び跳ねるような動きではなく、左右の足を交互に出してトコトコと歩き回ります。

あまり人には慣れない性格とされています。しかしアキクサインコのぴこは…。

 

 

これらのインコたちのほかにも、鮮やかな青、黄、緑色のサザナミインコ・頭が黒いウロコインコ・ピンク色でオウム科のモモイロインコなどたくさんの種類がいます。色もポピュラーカラーとして人気の高い色を紹介しましたが、各インコさまざまです。

インコを飼うときの参考にしてみてくださいね♪

 

因みに性格にはかなり個体差があるので、コザクラインコでもみんなと仲良くできる子もいますし、オカメインコでもどっしりと構えていられる子もいるようです。

アキクサインコのぴこはおとなしいとまでは言えない、とてもせわしない子です。

ペットショップではそこまでの性格はわからないことが殆どです。種類による性格の差異はあくまでも目安と思って、飼ってからこんなはずではなかったと思わずに、どんな子だったとしても可愛がってあげましょう。

 

10

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket