我が家のアキクサインコぴこは、よく私の肩にとまってくつろいでいるのですが…

たま~に「ぴしゅっ!」というくしゃみをすることがあります。

首のあたりにぴこのくしゃみで飛んだ唾がかかることも。

 

インコも人間と同じようにくしゃみをするんです。

 

でも、インコのくしゃみって風邪でもひいたのでしょう?

何らかの病気のサイン?

今回は、飼っているインコがくしゃみをしたら気をつけたいことを紹介します。

インコのくしゃみの原因と対処法

インコも人間と同じように、いろんな理由でくしゃみをします。

 

季節の変わり目の温度変化。

ホコリや塵などのハウスダスト。

セキセイインコなんかは、飼い主がくしゃみをしていると、それをマネしてくしゃみをすることもあります。

 

このような原因であれば、それほど心配する必要はありません。

インコのケージをいつもよりも暖かくしてあげたり、こまめに掃除をしてあげれば、次第にインコのくしゃみも減っていくでしょう。

 

ですが、くしゃみがインコの病気のサインの可能性もあります。

最も多いのが鼻の奥の気道が炎症を起こす副鼻腔炎です。

インコが副鼻腔炎になると、初期症状としてくしゃみや鼻水が出ます。

人間の風邪といっしょですね。

症状が進行すると目が常にウルウルしていたり、赤くは腫れたり、膿がたまったりします。

もし副鼻腔炎が疑われる場合は、動物病院で見てもらいましょう。

 

極まれに、トリコモナス感染症やクラミジア感染症などの感染症にかかってもくしゃみの症状が出ます。

くしゃみだけで、それ以外はいつものように元気であれば問題ありません。

ですが、くしゃみと一緒に下記のような症状が現れている場合は、念のため病院に行った方がいいでしょう。

くしゃみと併発したらちょっと危険な症状

  • いつもより元気がない
  • 食欲がない
  • 体重が減ってきている
  • 下痢など、糞の状態に変化がある
  • 目がウルウルしている
  • 鼻先がずっと湿っている

ちなみにインコの風邪予防にはビタミン類が有効。

たまには、ビタミンAが豊富な小松菜やビタミンCが豊富なフルーツなどを、おやつとして与えてみましょう。

ぴこのくしゃみの原因は?

では、我が家のぴこに話を戻します。

たまにくしゃみをして唾を私にまき散らすぴこですが、それ以外は元気いっぱいに飛び回っています。

エサもしっかり食べるし、体重も減っていないし、活発で体調不良な印象は受けません。

ちょっとだけ心配しましたが、くしゃみも頻繁にするというわけではないので、そんなに気にはしませんでした。

 

後日、動物病院でぴこの診察をする機会がありました。

その際にやっぱり少し心配だったので、担当の先生にぴこのくしゃみについて伺ってみました。

するとインコも人間と同じように、いろんな理由でくしゃみをするし、ぴこに関しては何の心配もないというお言葉をいただきました。

 

もし本当に風邪をひいていたとしたら、くしゃみの他にも目がウルウルしたり、鼻先が湿ってきたりします。

また、エサの容器に頭からつっこんでエサをばりばりと食べると、鼻の穴にエサのカスが入ってくしゃみをしてしまう事もあるみたい。

なんだか、インコも人間と一緒ですね。

インコのくしゃみ対策まとめ

インコがくしゃみをするのを特別心配する必要はないようです。

ですが、くしゃみがずっと続いていたり、何らかの症状が併発するようであれば、何らかの病気の可能性があるので、念のため病院に連れて行った方がいいでしょう。

病院に連れていくまでは、インコのケージをあったかくして、放鳥は控える方がいいですね。

 

とにかく毎日インコを観察して、体調不良を見逃さないのが大切です。

病気をしないように栄養に気を使った食事や、ダニや埃を増やさないためのこまめな掃除も大切ですね。

 

…ちなみにぴこの鼻水は人間の鼻水のように粘り気はなく、サラサラしていました(*^_^*)